タグ:たび ( 52 ) タグの人気記事
宇治上神社 (宇治・世界文化遺産)
b0135857_15404756.jpg


b0135857_1541830.jpg

拝殿
鎌倉時代前期に伐採された桧が使用されており、鎌倉時代の優れた建物遺構。

b0135857_1541339.jpg

宇治七名水のひとつ「桐原水」

室町時代に栄えた宇治茶。その宇治茶の象徴として作られた宇治七名園、お茶に不可欠な水にも「宇治七名水」が定められた。
現在は宇治七名水中の六名水が失われているが、この桐原水だけが今なお枯れることなく涌き出している。

↑wiki参照・・・

b0135857_15423927.jpg

本殿
平安時代後期に伐採された木材が使われて、一間社流造りの三殿からなる。
左右の社殿が大きく中央の社殿が小さい
現存するわが国最古の神社建築

(拝殿・本殿の説明は京都府HPより。手抜きでどーもすみません><)


ちなみに先程紹介した『源氏物語』のモニュメントはこの近く。
人も少なくて、ゆっくり見て回れました^^
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 16:00 | のんびり
興聖寺  (宇治)
お次は、平等院から歩いて10分程のところにある興聖寺へ。
b0135857_1519133.jpg

紅葉で有名なお寺ですが、参道の右側は色づいていて左側はそうでもない・・・という何とも不思議な感じ。
b0135857_15193426.jpg

この参道は、脇を流れる谷川のせせらぎが琴の音に似ていることから琴坂とよばれているそうです。
b0135857_1520285.jpg

この琴坂は宇治十二景の1つ♪
真っ赤に色づいた参道はとっても綺麗だろうなぁ・・・・・・・・

2008年11月24日 雨


おまけ
シルエットにしけパパ&ママ
b0135857_15202423.jpg

「紐がほどけたー。傘持っちょって。」の図

興聖寺は仏徳山と号する曹洞宗のお寺で開祖は道元禅師
1236年に伏見深草に建立。
1649年、当時の淀城主、永井尚政によって、宇治七名園の一つの朝日茶園であった現在の場所に再興。
本堂は伏見城の遺構と伝えられ、その奥に建つ天竺堂には、宇治十帖古跡の「手習の杜」に祭られていた「手習観音」が安置されている


↑宇治市HPより。
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 15:30 | のんびり
宇治川  (宇治十帖モニュメント)
琵琶湖から流れ出る河川(淀川)、京都に入ったら宇治川よ。
b0135857_1055104.jpg

流れが早くてカナヅチには怖い。
b0135857_10572255.jpg



さて、2008年は『源氏物語』が記録の上で確認されてから、1000年目に当たります。
せっかくなので宇治十帖の古跡をチラ見してきました。

しかしながら・・・
わたくし、お恥ずかしながら古典の授業で勉強した以外は、大分前に放映された東山紀之主演の年末ドラマ程度の知識しかございません。

高校の授業で7,8回に渡って見た東山紀之主演のドラマ。
脚本:橋田壽賀子、出演:東山紀之、大原麗子・・・だったと。
末摘花役の泉ピン子氏の鮮烈な赤鼻が今も脳裏をちらりらり・・・・

そんな記憶しかないわけで、関連する碑等を見てもさっぱり分かんなかったにしけです(゜ε゜;)
与謝野さんの源氏物語翻訳でも読んでみようかな~。
『あさきゆめみし』がよいかしらん。。。


下の写真は、宇治川の朝霧橋横にあるモニュメント。
全篇五十四帖のうちの最後の十帖は、宇治が主な舞台なので、至る所に古跡や関連スポットがあります。

これは、匂宮が浮舟を抱いて小舟で漕ぎ出す有名なシーンなのだそう。
b0135857_10575226.jpg

b0135857_10582420.jpg


千年間も愛される理由は何だろ。
次はちゃんと読んでから訪れたいものです。
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 11:56 | のんびり
平等院鳳凰堂で雲中供養菩薩像をみる(宇治市・世界遺産)
ちょっくら、京都と奈良まで行ってきました^^
局地的に絶景の紅葉。
観光客でいっぱい。
どこに行っても人!ヒト!HITOー!!
並ぶのが苦手なにしけ一家は疲れ果てました。
ふぅ。

さて、6時に起きて新幹線に飛び乗ると、ぐーすか寝て京都まで2時間半。
初日は10時前に京都に着いて、そのまま宇治まで行きました。

平等院鳳凰堂の木造雲中供養菩薩像を見てみたかったのよね~。
小さめの菩薩像が52体、うち27体は楽器を持っていらっしゃいます。
笙や鼓を持ってたり、舞っていたり・・・・・見るだけでウキウキするー!

今度、私も自分で彫ってみようかな・・・・くふ。



さて、連休最終日のこの日。
鳳凰堂の内部拝観(入園料とは別に300円必要)は1時間待ち。
b0135857_14544639.jpg

「平等院ミュージアム鳳翔館」をゆーっくり見て1時間待ちました。
10分程度、鳳凰堂内部を案内してくれます。


平等院鳳凰堂
藤原道長の別荘を、子・頼道が譲り受け仏寺としたもの。
1052年本堂、翌年、鳳凰堂を造立。

世界文化遺産「古都京都の文化財」のうちの1つ。

b0135857_1459138.jpg

雨の鳳凰堂もまた良きかな良きかな^^


・拝観料
入園+鳳翔館 600円
・宇治駅からすぐだった。
・甘味処がたくさんある。

疲れたけど楽しい家族旅行でした(ノ´∀`*)
旅行記は未だかつて一度もやり遂げたことがないので、今度こそは全部アップしてみせるぞー!おー!!


b0135857_14183726.jpg

写真は眠りかけのニャオさんちの愛犬、ココさん
もぉ~~、かわゆすぎ。

許可を頂いたので、載せてみる。

私も眠くてしょうがない。
明日までがんばるー・・・・・・・・・
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-27 17:04 | のんびり
熊野磨崖仏 (国重文・国史跡)
2008年11月2日 国東半島ドライブ+別府で温泉

宇佐神宮→熊野磨崖仏→富貴寺→両子寺→別府・・・
と余りたくさんまわってませんが、朝8時半に北九州を出て、帰ってきたのは深夜1時。
疲れたなぁ・・・・・・

でも、すぅーんごい良かったです。国東半島!
まずは、熊野磨崖仏。

鬼が一夜で築いたと云われる自然石の険しい石の階段が待っていますが、
がんばって登る価値はあります!!
体力に自信のない(運動不足の)にしけちゃんも、83歳のうちのおじーちゃんもなんとか登れたから大丈夫!!

拝観料は200円
b0135857_13493773.jpg

まずは、人口的に作られたゆるやかな階段を登りはじめます。
ハッキリ言って、この階段の方がキツイ・・・・
b0135857_13583253.jpg

でも、自然の中を歩くので、まぁ、なんとかなります。

鳥居が見えたら終わり!!ではなく、ここからが本番でした(pд`q)゜。
b0135857_142442.jpg

いやぁ、見えたときは「もうやめようかな」と思いましたけどね。
隣の見知らぬおばちゃまなんか「わたし、ここで心臓発作起こして死ぬかも」って言ってましたけどね・・・・
皆でちゃんと下まで降りられました。

この乱積された石の階段が、伝説では鬼が一夜で築いたとされているもの。

諸説あるようですが、パンフに載ってたのを抜粋↓

熊野権現様に「人間がたべたいんです」と相談した鬼さん。
権現様は「食べてもいいけど一夜で神殿までの石段を100段築けなかったらダメ」と言いました。
鬼は人間を食べたい一心で頑張り、99段目までを築きあげてしまいます。
まずいぞ~と思った権現様。
いいことを思いつきました。
それは、鶏の真似(こけこっっこーーー)。

鶏が鳴いてショックなのは鬼さん。
「ああぁぁぁぁ、このままでは権現さまに食われてしまう~逃げなきゃーーーー」
と、最後の石を担いだまま山を降り、一里半先で石を放り、そのまま倒れ息絶えてしまった。
村人達は、権現さま有り難うございます!と権現さまと大日如来様の御加護だと感謝するようになりましたとさ。


律儀な鬼なのに・・・・
国東は到るところで鬼の面やらなんやらをみかけたのですが、鬼にまつわる伝説が多いのかな?


その、鬼が作った石段、わんちゃんも登ってましたよ~。鬼さんに感謝。
b0135857_1434098.jpg


さて、杖(無料で貸してもらえます)をフルに使ってたどり着いた先には日を浴びてまぶしい不動明王像と大日如来像が。
見えた瞬間、重たかった足と心が、軽~くなりました。
b0135857_1465296.jpg

不動明王像は8m(左)、大日如来像は6m(右)

b0135857_14245494.jpg

不動明王
密教で信仰される明王で、大日如来が衆生を教化する際に、通常の姿のままでは教化できないので、忿怒相をもって現れたモノ(ブリタニカより)。

だそうだ。

でも、私には優しいお顔に見えたさ~。
右手に剣、左肩には弁髪の一端をたらしてますね。

b0135857_14324243.jpg

こちらは大日如来像
真言密教の教主。宇宙の実相を仏格化した根本仏であり、一切の現実経験世界の現象はこの如来そのものであると言われる。(ブリタニカ)


再び不動明王像。
b0135857_15115671.jpg
じーっと見つめていると、お鼻の穴発見。
そしてさらにじーっと見つめていると、どこかで見たことがあるような気になってきました。

北九州への帰り道に分かりました。
この不動明王様、ドラビアンナイト(ドラ映画13作目)に出てくるランプの魔神に似ている気がする!
多分、愛らしい鼻が・・・・



熊野磨崖仏
国の重要文化財(1964年5月26日指定)及び史跡(1955年2月15日指定)
大分県豊後高田市
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-06 15:35 | ごはん
生月大魚藍観音
生月大魚藍観音
(生月観音ともいう)

でーんと目立つ観音様。
b0135857_1121596.jpg

ブロンズ像。高さが18m、重さが約150t。1980年建立。
高い建物の少ない生月では十分すぎる大きさ。

でーん。
b0135857_11221873.jpg

でーん。
b0135857_1123104.jpg

下の・・うにゃうにゃは足ではなく、波を表しているんだそう。
座像ではなく、波の上に上半身が乗っているのですね。


「魚藍」とは、魚を入れる籠・びくのこと
魚藍観音には手に魚藍を持っている像と、魚に乗っている象とがあるそうですが、
こちらの観音様は、魚藍をお持ちだよ。(広辞苑より)
上の写真のお手元に籠に入りきれていない大きなお魚をお持ちなのが分かりますかしら?
(お魚の下が籠ですよね?)

お堂の中にも色々と。
b0135857_11553771.jpg

第2次世界大戦の戦没者、海難殉職者や魚介群萬霊の御霊に追悼をささげる・・・
などなどと記されています。



観音様の眼前には綺麗な景色が広がっております。
b0135857_11224120.jpg

生月の町並み↑

青い橋が生月大橋。

きっと生月大橋を渡るときも目立ってたはずだ。
覚えていないってことは・・・・爆睡中かおしゃべりしてたかな(;´_`;)



後方には山田教会があります。
[PR]
by nishike-ie | 2008-10-22 13:11 | のんびり
生月島 塩俵断崖(柱状節理)
b0135857_94310100.jpg


☆柱状節理とは☆
マグマが冷却固結するときに生ずる柱状の割れ目のこと。(広辞苑より)

こんなに垂直に・・・水平に?亀裂が入るのってすごい~と素直に思ったであります。

b0135857_9433011.jpg

[PR]
by nishike-ie | 2008-10-21 10:12 | のんびり
あごだしラーメン 大気圏  (生月)
b0135857_223286.jpg

あごだしラーメン 600円

不定期で更新中の過去旅しりーず。

生月2日目のお昼にはあごだしラーメンのお店へ。

すんごい、いい匂い。
すんごい、美しい見た目。
あごの優しくも芳醇なスープ・・・・

うーん、もう一度食べたい(人´∀`).☆.。.:*・


*「あご」とはとびうおのこと。九州?(西日本?)での呼び方です。


大気圏
長崎県北松浦郡生月町南免4432-101
0950-53-3130
生月大橋を渡ってすぐ。
[PR]
by nishike-ie | 2008-10-20 22:07 | ごはん
大バエ灯台より鯨島を望む  (生月)
b0135857_23413377.jpg


捕鯨が盛んだった生月には、鯨の形をした島(手前の2つの小さい島)があります。
本当にクジラに見える!ちょっと感動。
[PR]
by nishike-ie | 2008-10-11 23:46 | たび
生月漁港
(先週の続き。。。平戸・生月旅行)

生月2日目は朝から生月漁港へ~。

9時かそこらに行ったけど、水揚げはもう終わってて、お魚を買いにきた地元の方がたくさん。
漁師さんたちの朝は早いですね~しみじみ。

b0135857_1381936.jpg


b0135857_138271.jpg


奥の方に見える青い橋が生月大橋。かな。
b0135857_131235100.jpg

[PR]
by nishike-ie | 2008-10-11 13:21 | たび