<   2008年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧
三千院 苔ともみじ  (大原)
2日目は三千院へ。
朝6時に起き、朝ごはんをもりもり食べてまず地下鉄へ。

ホテルのフロントさんに一番いい行き方を聞いてみると、京都駅から三千院へはタクシーで5~6000円程かかり、渋滞したら大変なことになるので、『国際会館』というところまで地下鉄で行ってそこからタクシーかバスに乗ればよいとのこと。
そこからならタクシーで2000円ちょいかかるぐらいのようですが、ちょうどバスが来てたのでバスで。
300円ぐらいだったかな?

一昨年行ったときは観光客が少なくてのんびりできたのですが、さすがに人が多かったですね。
今年、JRの広告に三千院が使用されてますからねぇ。
何年か前、すっごい綺麗に色づいた時の写真らしいですけどね。

b0135857_1320839.jpg


もみじの絨毯がとっても綺麗でした~。
地味に色づいたもみじと元から地味~な苔の色がよくあってて。
落ち着く~。

b0135857_1324555.jpg

b0135857_1328798.jpg


愛らしいわらべ地蔵様たち。
GRⅡは大好きなのだけど、やはりこういう時ズームがあれば・・・と思ふ。
b0135857_13261684.jpg
b0135857_13264431.jpg

b0135857_13514072.jpg

お地蔵様と同じポーズで写真を撮った24歳です。


b0135857_13533281.jpg

往生極楽院
阿弥陀三尊坐像(国宝)が安置されております。

9時半ぐらいに行ったのにすごい人。
b0135857_13545121.jpg


三千院、車の往来が激しい時期といえど空気が澄んでて気持ちもしゃんとなります。
でも、人多いなぁ~。
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-30 14:00 | のんびり
京都東急ホテル 朝食
今回利用したホテルは東急ホテル。
全室、枕はテンピュール!

b0135857_12471225.jpg

枕3個 わーい♪ ( ´▽)ノ
テンピュール1つと、大きさ(厚さ)の違う枕2つ。これだけあれば好きな高さの枕が見つかりますねぇ^^
うちで使ってるのとは違うようで、かなりやわらかい枕でしたが、肩こりにならずに眠れました。
旅行に行くと枕が合わずに肩が凝るから嫌なのだ~。
今回はよかった♪
b0135857_12474032.jpg

ラウンジで母とお茶。
ホテルの中庭もライトアップ♪
b0135857_1247523.jpg


そして、お楽しみの朝食。パックで行ったから最初から付いてたけど、2500円もするらしいよ。
パック旅行ってお得ねぇぇ・・・。

朝ごはんはいくらでも食べられる私。今回ももりもり!
b0135857_12472212.jpg

大皿はパンに合いそうなおかずばかりですが、別の小皿ににくじゃがとかとってます・・・。
あとサラダも。
お漬物もたくさんあって、白飯大好き人間のにしけさんは大満足です。

よく食べた^^


浴室の換気扇がきかないということ意外は満足ホテルでした。
西本願寺から徒歩3分ぐらい?


京都東急ホテルHP

[PR]
by nishike-ie | 2008-11-30 13:00 | ごはん
清水寺  夜のライトアップ  
どしゃぶりになったり、止んだり・・・・変な天気の中、夜の清水寺へ。
b0135857_16313746.jpg

なだらかな坂道を光目指して進みます。

今回は昼間に行かなかったので、紅葉がどの程度だったのか分かりませんが、
ライトアップされてとても綺麗でしたー。
雨に濡れて反射するし^^
b0135857_16315813.jpg



清水寺本堂本尊は十一面千手千眼観世音菩薩様。
33年に1度開扉の秘仏で、学術調査が行われたこともないし、写真も公表されていないんだってー。
前回の開帳が2000年だったので、次は2033年だと思います。

しかーし!
今年は西国三十三所巡礼の中興者とされる花山法皇一千年忌!
そのことを記念して、結縁開帳が行われているのです。
夜間拝観も出来て、とても幸運でした。

結縁開帳?はて?
と思っておりましたら、千手観音様の手に結ばれた紐を握ってご縁を結ぶということらしい。
これで私は千手観音様とご縁を結べたということになるのでしょうか。

お願い事を書いたろうそくもお供えきました。
2009年3月1日から5月31日にも開帳予定ですので、是非^^


さて、撮った写真をを小さい画面で確認していて、

「だ・・・誰かがパンツ振ってる!いやん!」

と愕然としたらただの折りたたみ傘だったっていう写真。
b0135857_16322083.jpg




雨の止んだ清水寺は空気が澄んで身も心も何だかすっきりした気分。
でも、恐ろしく寒かった。

2008年11月24日 雨の夜の清水寺
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 17:00 | のんびり
京都駅のイルミネーション
b0135857_16264555.jpg


京都タワーってどこにあるんだろう?
って思ってたら、駅の真向かいにあった!
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 16:27 | のんびり
宇治でお茶。
京都駅に戻る前に、こちらでお茶を・・・・
超有名店。

生茶ゼリーが有名なので、それにしとけばいいものを、違うのを頼んでしまった!
b0135857_16201123.jpg


母はぜんざい。
b0135857_16203178.jpg



お持ち帰りのぜりぃ買えば良かった(pд`q)゜。!!
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 16:25
宇治上神社 (宇治・世界文化遺産)
b0135857_15404756.jpg


b0135857_1541830.jpg

拝殿
鎌倉時代前期に伐採された桧が使用されており、鎌倉時代の優れた建物遺構。

b0135857_1541339.jpg

宇治七名水のひとつ「桐原水」

室町時代に栄えた宇治茶。その宇治茶の象徴として作られた宇治七名園、お茶に不可欠な水にも「宇治七名水」が定められた。
現在は宇治七名水中の六名水が失われているが、この桐原水だけが今なお枯れることなく涌き出している。

↑wiki参照・・・

b0135857_15423927.jpg

本殿
平安時代後期に伐採された木材が使われて、一間社流造りの三殿からなる。
左右の社殿が大きく中央の社殿が小さい
現存するわが国最古の神社建築

(拝殿・本殿の説明は京都府HPより。手抜きでどーもすみません><)


ちなみに先程紹介した『源氏物語』のモニュメントはこの近く。
人も少なくて、ゆっくり見て回れました^^
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 16:00 | のんびり
興聖寺  (宇治)
お次は、平等院から歩いて10分程のところにある興聖寺へ。
b0135857_1519133.jpg

紅葉で有名なお寺ですが、参道の右側は色づいていて左側はそうでもない・・・という何とも不思議な感じ。
b0135857_15193426.jpg

この参道は、脇を流れる谷川のせせらぎが琴の音に似ていることから琴坂とよばれているそうです。
b0135857_1520285.jpg

この琴坂は宇治十二景の1つ♪
真っ赤に色づいた参道はとっても綺麗だろうなぁ・・・・・・・・

2008年11月24日 雨


おまけ
シルエットにしけパパ&ママ
b0135857_15202423.jpg

「紐がほどけたー。傘持っちょって。」の図

興聖寺は仏徳山と号する曹洞宗のお寺で開祖は道元禅師
1236年に伏見深草に建立。
1649年、当時の淀城主、永井尚政によって、宇治七名園の一つの朝日茶園であった現在の場所に再興。
本堂は伏見城の遺構と伝えられ、その奥に建つ天竺堂には、宇治十帖古跡の「手習の杜」に祭られていた「手習観音」が安置されている


↑宇治市HPより。
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 15:30 | のんびり
塔見茶屋  (宇治)
宇治での食事はお目当ての食事処が団体客貸し切りのため、ダメ・・・・

それならば!と目についたところにそのまま飛び込む。

茶そばセット1000円ぐらい。
お漬け物とご飯が美味しかった。
b0135857_13554798.jpg
b0135857_13561766.jpg

b0135857_13563550.jpg



ほんとは旅館のようです。
長期滞在もOK。
宇治川のほとりに佇むお店。
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 14:22 | ごはん
宇治川  (宇治十帖モニュメント)
琵琶湖から流れ出る河川(淀川)、京都に入ったら宇治川よ。
b0135857_1055104.jpg

流れが早くてカナヅチには怖い。
b0135857_10572255.jpg



さて、2008年は『源氏物語』が記録の上で確認されてから、1000年目に当たります。
せっかくなので宇治十帖の古跡をチラ見してきました。

しかしながら・・・
わたくし、お恥ずかしながら古典の授業で勉強した以外は、大分前に放映された東山紀之主演の年末ドラマ程度の知識しかございません。

高校の授業で7,8回に渡って見た東山紀之主演のドラマ。
脚本:橋田壽賀子、出演:東山紀之、大原麗子・・・だったと。
末摘花役の泉ピン子氏の鮮烈な赤鼻が今も脳裏をちらりらり・・・・

そんな記憶しかないわけで、関連する碑等を見てもさっぱり分かんなかったにしけです(゜ε゜;)
与謝野さんの源氏物語翻訳でも読んでみようかな~。
『あさきゆめみし』がよいかしらん。。。


下の写真は、宇治川の朝霧橋横にあるモニュメント。
全篇五十四帖のうちの最後の十帖は、宇治が主な舞台なので、至る所に古跡や関連スポットがあります。

これは、匂宮が浮舟を抱いて小舟で漕ぎ出す有名なシーンなのだそう。
b0135857_10575226.jpg

b0135857_10582420.jpg


千年間も愛される理由は何だろ。
次はちゃんと読んでから訪れたいものです。
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 11:56 | のんびり
平等院鳳凰堂で雲中供養菩薩像をみる(宇治市・世界遺産)
ちょっくら、京都と奈良まで行ってきました^^
局地的に絶景の紅葉。
観光客でいっぱい。
どこに行っても人!ヒト!HITOー!!
並ぶのが苦手なにしけ一家は疲れ果てました。
ふぅ。

さて、6時に起きて新幹線に飛び乗ると、ぐーすか寝て京都まで2時間半。
初日は10時前に京都に着いて、そのまま宇治まで行きました。

平等院鳳凰堂の木造雲中供養菩薩像を見てみたかったのよね~。
小さめの菩薩像が52体、うち27体は楽器を持っていらっしゃいます。
笙や鼓を持ってたり、舞っていたり・・・・・見るだけでウキウキするー!

今度、私も自分で彫ってみようかな・・・・くふ。



さて、連休最終日のこの日。
鳳凰堂の内部拝観(入園料とは別に300円必要)は1時間待ち。
b0135857_14544639.jpg

「平等院ミュージアム鳳翔館」をゆーっくり見て1時間待ちました。
10分程度、鳳凰堂内部を案内してくれます。


平等院鳳凰堂
藤原道長の別荘を、子・頼道が譲り受け仏寺としたもの。
1052年本堂、翌年、鳳凰堂を造立。

世界文化遺産「古都京都の文化財」のうちの1つ。

b0135857_1459138.jpg

雨の鳳凰堂もまた良きかな良きかな^^


・拝観料
入園+鳳翔館 600円
・宇治駅からすぐだった。
・甘味処がたくさんある。

疲れたけど楽しい家族旅行でした(ノ´∀`*)
旅行記は未だかつて一度もやり遂げたことがないので、今度こそは全部アップしてみせるぞー!おー!!


b0135857_14183726.jpg

写真は眠りかけのニャオさんちの愛犬、ココさん
もぉ~~、かわゆすぎ。

許可を頂いたので、載せてみる。

私も眠くてしょうがない。
明日までがんばるー・・・・・・・・・
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-27 17:04 | のんびり