<< 宇治上神社 (宇治・世界文化遺産) 塔見茶屋  (宇治) >>
興聖寺  (宇治)
お次は、平等院から歩いて10分程のところにある興聖寺へ。
b0135857_1519133.jpg

紅葉で有名なお寺ですが、参道の右側は色づいていて左側はそうでもない・・・という何とも不思議な感じ。
b0135857_15193426.jpg

この参道は、脇を流れる谷川のせせらぎが琴の音に似ていることから琴坂とよばれているそうです。
b0135857_1520285.jpg

この琴坂は宇治十二景の1つ♪
真っ赤に色づいた参道はとっても綺麗だろうなぁ・・・・・・・・

2008年11月24日 雨


おまけ
シルエットにしけパパ&ママ
b0135857_15202423.jpg

「紐がほどけたー。傘持っちょって。」の図

興聖寺は仏徳山と号する曹洞宗のお寺で開祖は道元禅師
1236年に伏見深草に建立。
1649年、当時の淀城主、永井尚政によって、宇治七名園の一つの朝日茶園であった現在の場所に再興。
本堂は伏見城の遺構と伝えられ、その奥に建つ天竺堂には、宇治十帖古跡の「手習の杜」に祭られていた「手習観音」が安置されている


↑宇治市HPより。
[PR]
by nishike-ie | 2008-11-28 15:30 | のんびり
<< 宇治上神社 (宇治・世界文化遺産) 塔見茶屋  (宇治) >>